農協とは、農家がお金を出し合って結成されている「農業協同組合」のことです。

 最近は「JA」でその名が通っています。

 JAは農家の為に仕事をするのが役割ですが、様々な事業をしています。

 業態でいうと「信用事業」「共済事業」「購買事業/販売事業」「指導事業」「コンビニ」「結婚式場」「葬儀場」「病院」「スーパー」「ガソリンスタンド」など多岐に渡ります。

 内容は、銀行業、保険業、商社、運送業、学校、その他政治運動に至る総合協会です。


 JAは,1つの農協では規模が小さいので,単位農協という各地区(郡市町村単位)を作り、そこにそれぞれ機能ごとに都道府県段階で出資させ「連合会」というのを作っています。

 以下、組織概要

 ①の信用事業分門の都道府県段階の組織を「都道府県信用農業協同組合連合会」といいます。

 ②の共済事業分門の都道府県段階の組織を「都道府県共済農業協同組合連合会」といいます。

 ③の経済事業分門の都道府県段階の組織を「都道府県経済農業協同組合連合会」といいます。

 ④の指導事業分門の都道府県段階の組織を「都道府県中央農業協同組合連合会」といいます。


さらに都道府県の団体がお金を出し合って全国段階の中央組織を作っています。

以下、組織


①「信用事業は農林中央金庫」

②「共済事業は全国共済農業協同組合連合会」

③「経済事業は全国指導事業は全国中央農業協同組合連合会

 (全中)」

④「経済農業協同組合連合会(全農)」


 正式名称は「農協」ですが、近年ではテレビCMやポスターで「JAグループ」と表示して「JA」というブランド化戦略を進めています。


 さて、規模が大きくなりビジネス路線に走り出したJAの仕事は、農家人口の減少に伴い農家のため働く組織ではなくなり組織の統合を進めJAブランド化戦略で単独事業体となっています。現在JA全農が全国都道府県に支店として統合していますが、単独でも力のある9道県はまだ統合されていせん。


以下、単独農協

・ホクレン農業協同組合連合会

・福井県経済農業協同組合連合会

・静岡県経済農業協同組合連合会

・愛知県経済農業協同組合連合会

・和歌山県農業協同組合連合会

・佐賀県経済農業協同組合連合会

・熊本県経済農業協同組合連合会

・宮崎県経済農業協同組合連合会

・鹿児島県経済農業協同組合連合会


この9農協は「県経済連」という名前で呼ばるものです。

 「農協」,県経済連」,「全農」と三段階だったものが県経済連と全農が統合が進んで統合されたところは「JA全農」。

統合されていない9県については「○○県経済連」です。


今後のIGAが「ゲーミングビジネス」を主軸に全国展開する参考になるのではないでしょうか?