毎日放送で、統合型リゾート施設について取り上げ、「日本が外国人観光客を誘致するために期待されているのが「カジノ」で、そのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の最有力候補地が「大阪」だ。」とのこと。

 橋下大阪市長が太鼓判を押したという大阪湾の人工島「夢洲」を開発するIR構想のイメージ映像を関西経済同好会が発表した。

 関西経済同好会の発表資料と説明では、国際会議場、商業施設、ホテル、ショッピングエリアなどの施設の中にカジノを建設するとうものでカジノ以外にもアジア最大の展示場や会議場を作ってビジネスの拠点として世界中から誘客するという計画と、家族旅行の観光地として「水族館」、「動物園」、「植物園」などを作る計画もある。

 更に、関西国際空港や神戸港とを高速シャトルで結び、既存の地下鉄やJRゆめ咲線を延伸させ「夢洲駅」を新たに建設することで大阪の中心地からの交通も整備する。といった壮大なリゾート計画だ。 

 関西経済同好会では、東京オリンピックが開催される2020年の開業を目指したいということだが、これだけの事業を5年でできるのだろうか?

 過去に「リゾート法」というものがもてはやされ巨大なリゾート地が建設されたが全て破綻している。

 もう「お忘れ?」

 もしも観光客が訪れず、世界のビジネスマンが日本を選ばなかった場合、どうするんですかね?

 東京オリンピック開催までに日本のカジノ合法化は必要だとIGAも考えています。

 やはり、人材育成を最優先としたNPO-CASINOからスタートさせるべきではないのでしょうか。