国会に提出された「IR推進法案」の審議が始まり、日本でのカジノ合法化が現実味を魅せると、巨額マネーを狙って多くの業者が動き出している。

まず筆頭はIR施設建設ということで「ゼネコン・ディベロッパー」、「パチスロ業界」、「ゲーム業界」、そして、機械製造メーカーやなどの関連企業などが一般的に考えられる。

ところが、関連企業は多岐に渡り「警備保障会社」「旅行会社」「広告代理店」が動き出している。

意外なところでは、カジノ関連フォーラムやセミナーに頻繁に現れている企業が「保険業界」と、なぜか「家電メーカー」。

因みに、Yahoo!のファイナンス関連で注目れている「カジノ関連銘柄」は以下の企業となっている。

日本金銭機械(6418)

カジノ関連銘柄の筆頭格。

貨幣処理、金銭登録機の大手企業。海外カジノ向けの紙幣鑑別機に関しては、偽札の高度な解析技術が評価され高シェアを誇る。


オーイズミ(6428)

メダル計数機の最大手企業。

パチンコ向けシステムやパチスロ機に参入しているが、不動産賃貸や介護福祉事業にも進出。


マミヤオーピー(7991・2部)

パチンコ周辺の電子機器企業。

紙幣搬送システムにも参入。


セガサミーホールディングス(6460)

傘下にパチスロ最大手のサミー、アミューズメントゲーム機器・施設運営最大手のセガを持つ。

また、韓国Paradiseグループと、韓国・仁川におけるカジノを含む複合型リゾート施設の開発事業を行う合弁会社を設立するなど。


グローリー(6457・大証1部)

両替機、カードシステム機、セキュリティー機器などを手がけるシステム管理の企業。硬貨・紙幣処理機で国内シェア5割強を誇る。

遊技市場向けカード装置やたばこ自販機などを展開。


ユニバーサルエンターテインメント(6425・JQ)

パチンコ・スロット関連の大手企業。旧名称は「アルゼ」

ラスベガスのウィンと組みカジノホテルを経営。


東京都競馬(9672)

大井競馬場の大家さん。

競馬場よりも「東京サマーランド」と「賃貸倉庫」が収益源として高い利益を出している。


セコム(9735)

警備サービス業界の首位企業であり、賃貸センサー付きのシステム警備が中心で、近年は防災、医療、損保、不動産等の関連産業への展開を重視している。


ALSOK(2331)

警備サービス業界の2位企業。

現金警備輸送はコンビニ等へも展開し、金融機関向けの警備に強みを持っている。


電通(4324)

国内最大手の広告企業。

既にパチンコ・スロット企業のテレビ広告などを取り扱って大きな収入源としている。