【沖縄県は発展途上国】


 沖縄県で仕事をしていて、よく似た話があるなぁ。と思った記事があるので紹介しよう。


以下、記事引用

――――――――――――――――――――――――――――――――

 ダッカでは多くの日本人に取材に協力していただいた。中でもとても印象に残っているのが、「人間がまるごと現地化しなければ」と話す中務佳世さんである。

 MARICAインターナショナル(東京都)代表を務める中務さんの、現場に根差した視線は多くの啓示を与えてくれた。

中務さんは、約束したその日、筆者が宿泊するホテルのロビーまで迎えに来てくれた。部屋の電話が鳴り、彼女の来訪が告げられたので、あたふたと降りていってみると、ホテルの支配人と親しげに話す彼女がいた。

 流暢なベンガル語を操る日本人女性が気に入ったのか、支配人は私たちにお茶を振る舞ってくれた。

「マダムは私のゲストですから」と語る支配人には、どこか誇らしげなものすらあった。

「バングラデシュ人はとても人なつこい性格です」と中務さん。

「バングラデシュ人にとって、家に遊びに来てもらうのはとてもうれしいことなんです。

 だから、ここで出会うバングラデシュ人からは、たいてい『食事に来い、田舎に遊びに来い』と誘われますね」

 ベンガル語を話す日本人女性となれば、その人気ぶりも想像がつく。流暢なベンガル語はどこで身につけたのかと尋ねると、「青年海外協力隊の事前研修で」という答えが返ってきた。

中務さんにとって、バングラデシュは2度目の滞在なのだ。

バングラデシュは良質な皮革の宝庫としても知られている。中務さんはそこにビジネスチャンスを見出した。バングラデシュの皮革と日本の市場を結びつけようと、日々奔走。バングラデシュの牛革で仕立て上げた紳士靴は、エービーシー・マートによって日本で販売されている。

 中務さんはもともとファッションデザイナーであり、大阪で女性用の帽子づくりに取り組んでいた。

初めてダッカを訪れたのは20年ほど前だ。

20代の頃、JICA(国際協力機構)が派遣する青年海外協力隊として、縫製や刺繍の技術指導に当たった。


 そして時を経て、再びこの地に戻ってきた。

 今度は自分のビジネスのためである。

 ビジネスの内容もさることながら筆者が中務さんに関心を抱いたのは、「彼女とバングラデシュ人との距離の近さ」にあった。

 彼女はふだんバングラデシュ人とどんなふうに関わっているのだろうか。それを知りたかった。

 中務さんのバングラでの体験談は聞いていて楽しい。そこには、いつも正義の味方のバングラデシュ人が登場するのだ。

 「ホッタール」とは、ベンガル語でゼネストを意味する。ホッタールはこの国の大きなカントリーリスクである。この日ばかりはすべての交通機関が動かなくなり、経済は1日ストップしてしまう。

 しかし、交通がストップしても日本の取引先は納期を延ばしてはくれない。

「そういうときはリキシャ(人力車)が助けてくれます。バスやタクシーなどは、ストを破ると制裁を受けますが、リキシャは例外なのです」

工場にサンプルを持って行く途中、道にトラックが横転していて立ち往生したことがあった。「どうしよう、間に合わない!」と途方に暮れていると、自転車がすっと横に止まった。

「どうしたの、送ってあげようか」という展開に。

「ギリギリ間に合って商談も成立したんです」と振り返る。

「キバベ シャハッジョ コルテ パルボ?」(あなたのために、何をしてあげられますか?)

 工場にデザインを持ち込んで製造をお願いする中務さんを迎えるのは、決まってこの言葉だと言う。

「バングラデシュのビジネスは、この言葉からスタートすると言っても過言ではありません」

 そして、中務さんはこう続ける。「バングラデシュ人は、お助けモー

になると、急に強みを発揮する人たちです。だから頭ごなしに命令したりするのではなく、むしろ甘えてみるのがいいと思います。

『どうやったらできるかなあ?』と持ちかけてみるんです。

 相手が『なんとか助けてあげよう』という気になれば、その仕事はうまくいったも同然です」

 今では、現地の人が何に喜び、何を歓迎しないのか、そんな感情の機微も掴めるようになってきた。

 例えば、バングラデシュ人にとって働きやすい労働環境は次のようなものだという。

「バングラデシュのローカル工場には、たいていスピーカーがあるんです。音楽を聴きながら、雑談をしながら、作業を進める。それがバングラデシュ人の従業員が好むスタイルです」

 インセンティブを与え、限界にチャレンジさせるというやり方はなかなか通用しないようだ

 それよりも、リラックスできる環境の中でいかに生産効率を引き上げるかが、カギとなる。

 中務さんは「これからもっともっとこの国に染み込みたい」のだという。自分自身をローカライズさせて初めていい仕事ができる、それが中務さんの信念だ。

 前述した通り、中務さんはかつて青年海外協力隊の一員としてバングラデシュで技術指導を行っていた。

 当時、途上国の発展に貢献しようとやって来て、「こうすれば効率的だよ」と教えても、なかなかそれを受け入れてもらえなかったという。よかれと思ってやろうとしたことが、まったく感謝してもらえない。

 中務さんは毎日「自分は一体どうすればいいの?」と悩んでいた。

 その悩みは他の隊員にも共通している。

「彼らを助けてあげたいのにそれができない」

「何のために私はここにいるのか?」――

 途上国支援の現場で、多くの隊員たちはこのような葛藤と挫折に突き当たる

 中務さんは地元民と「同じ釜の飯を手で食べる」ことで、葛藤と挫折を乗り越えた。その経験が今の中務さんのビジネスに多分に生かされている。

「途上国を助けようと思う気持ちは、結局、自分のおこがましさの表れに過ぎません。青年海外協力隊としてやって来たときも、ビジネスをしている今も同じです。この国の人たちを助けているつもりでも、実は自分が助けられているんです」

 バングラデシュでのビジネスは、そのことに気付いたときに、初めて弾みをつけて動き出す。