東京から飛行機で7時間。チャンギ国際空港に降り立つと、そこはもうトロピカルなムードに包まれた東南アジアの常夏の国、

シンガポール。空港からシティ・エリアに向かう道すがら、レインツリーが大きな樹冠を広げる街路樹を目にする。

街中に緑あふれるこの国は別名「Garden City」とも呼ばれ、緑豊かな美しい街は広さにして東京の山手線内ほどだが、

ここ数年の間に街の景観を大きく変えるリゾート・エンターテイメント施設が続々と誕生。

新たに「City in the garden」を掲げてダイナミックにスケールアップし、エキサイティングな変貌を遂げたシンガポールを

ご紹介しよう。


チャンギ空港から車で20分ほど走るとシンガポール市内中心部マリーナ・エリアに到着。

すると3棟の高層タワーから成る巨大な建物が目に飛び込んでくる

どこからでもそれと分かるアイコニックなデザインでシンガポールの新しいシンボルとなったマリーナ・ベイ・サンズだ。


2010年4月にオープンして以来、マリーナ・サウスに君臨する世界水準リゾートととしてシンガポールで今もっともホットな

トレンドスポット。

3つのタワーの頂上部分をつないだ約340mの長さの船型庭園サンズ・スカイパークには、世界最大級のプールを配し、

南国の植物に囲まれたデッキにはレストラン・バーやホテルの利用客以外の一般客も入れる展望台がある。ここから一望できるマリーナ・ベイの絶景を眺めるために昼夜を問わず多くの観光客が訪れている


シンガポールの2つカジノ

■マリーナ・ベイ・サンズ シンガポール・カジノ

http://www.marinabaysands.com/casino.html

■リゾート・ワールド・セントーサ・カジノ

http://www.rwsentosa.com/language/en-US/Homepage/Casino