トナム政府グエン・タン・ズン首相は、フーコック島でのカジノリゾート導入計画を承認した。

 フーコック島というのは、ベトナムの経済特区に指定され開発が進んでいる地域で、ベトナム、カンボジア、タイの沿岸部に位置している。

 今回のカジノ誘致は、グエン・タン・ズン首相が海外からの投資を狙ったもので、40億ドル以上の投資を求められている。

 年明けの報道では、2千台のマシンゲームとテーブルゲーム400台を想定し、30年間のライセンス契約を条件とすることなどが報じられている

 近年の大型リゾートカジノ建設に目をつけたグエン・タン・ズン首相の目論見は理解できるが、テーブルゲームを400台設置するのであればディーラーを含むカジノフロアで従事する人材育成が急務となる。

 もちろん日本も同様だ。

 外資系カジノ事業者の投資をあてにする場合、ベトナムと日本との違いは、ベトナムは、外国人を対象としたカジノは現在でも存在していることと、人口が約9,250万人と少ないことだ。

 外資系カジノ事業者のメリットはほとんど無いといえる。

 これまでもそうだが、ベトナムのカジノでテーブルゲームを拡大するのは難しいだろう。